大地震後の茨城県石岡市の状況(平成23年東北地方太平洋沖大地震)

 平成23年3月11日(金)は、東北を中心とする大地震、そして大津波という惨劇に襲われた忘れられない日となってしまった。

 はからずも、このブログ100記事めがこのような記事になってしまい、心痛の極みである。

 まず被災の上、亡くなられた方々につきましては衷心からご冥福をお祈りいたします。本当にお気の毒でした。

 また、避難所生活を余儀なくされているみなさまを始めとして、被災してしまった方々に対しては、心からお見舞いを申し上げます。

 何も出来ませんが、遠くからご無事をただただお祈りしています。

茨城県石岡市の道路被害状況の写真

 さて、ありがたいことに友人からもご心配の連絡をいただくので、自分が居住している茨城県石岡市南台界隈の状況を写真等でお伝えしておこう。

 息子に近くの状況の写真を撮らせたので、貼っておく。

東北・茨城沖大地震・東日本大地震における茨城県石岡市の道路被害状況の写真1

東北・茨城沖大地震・東日本大地震における茨城県石岡市の道路被害状況の写真2

 しかし、今回の大地震の命名は気象庁によれば、『平成23年東北地方太平洋沖地震』なのだが、テレビ報道などでは、『東北・茨城沖大地震』や『東日本大地震』となってやや混乱するので、表現を統一して欲しいところだ。

地震当時の自分の状況

 自分は地震当時、自社の事務所内にいた。

 あ、地震だなと感じていると、あまりに長い揺れに、これはかなり大きい地震が距離を置いて発生したなと、なんとなくピンと来た。

 それから猛烈な揺れに、書棚から本・書類は落ちる、パソコンディスプレイは倒れる、パソコン本体も倒れるという状態となった。

 お隣では、慌てて外に出たようだったが、壁時計が落ちて砕け散ったそうだ。

 向かいには病院があり、患者さんが毛布にくるまって慌てて出てきていた。お気の毒に余震で揺れるたびにそんな状態だった。

 自分もさすがに驚いて、ちょっと落ち着いた頃、自宅に人がいないと思い、火が心配となり慌てて戻ると、火の気は大丈夫だったので、とりあえずホッとして会社に戻った。

 すでに停電となっており、パソコン作業に没頭していた我らは、ちょっと軽い打合せだけをして、社員も一度自宅に戻らせたのだった。

 会社に戻ってきて状況を確認すると、食器棚が全滅、電子レンジも落ちていて使いものにならなそうだとのことだった。

 停電以降テレビがつかないので、世の中の動きが分からず、とりあえず停電の復帰を待つために本を読んで時間を過ごしていた。

 こんな時に携帯電話は重宝した。携帯からのニュースで震度7の巨大地震だということは分かったが、被害の程度はなかなか掴めないでいた。

 さすがに地震当日は復帰は無理だなと思い、18:30頃に帰路についた。

帰宅してラジオ放送でびっくり仰天

 そして自宅で携帯ラジオにて耳にした状況で、驚きふためいたのだった。

 その晩は余震が心配だったが、ロウソク灯でやり過ごし、もはや寝るしかないので、早く寝たのだった。

 翌日は妻の実家が心配になり、様子を見にいったが、とりあえず無事を確認しほっとして戻ったが、道路のところどころで地割れや陥没、盛上がりがあり、その程度の大きさを認識できた。

 その日は断水となっており、給水が近くの小学校であるとの情報を得て、妻がその水をもらいに行ったが、なんと4時間もかかったとのことだった。

 しかも水は濁っていて、なんということだと嘆息した。

 とにかく無事で過ごしており、石岡あたりでは、13日(日)には停電・断水も解消されている。

 物資が足りていないのはどこも一緒だと考えるし、被災の甚大なところに比べれば、我慢しなくてはいけないと思うよ。

 復興に向けてまだまだ多大なエネルギーを要すると思うが、甚大な被害を被ってしまったみなさま、お気を強く持って、頑張っていただきたく、気持ちだけですが応援申し上げます。

治安悪化からの人災を防止しよう

 阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」だといいます。

 大切な人を守りましょう。

 一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

 避難した女性は絶対に一人で公衆トイレに行ってはいけません。

 便乗する性犯罪者がいます。

 常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしましょう。

 これから落ち着きを戻してくると、便乗しての窃盗犯なども出てくることが予想されるのですが、こんな時なので、人の醜さを出さないよう頑張ろうよ。

 一日も早く、元気で平穏な日本が戻ることを心から祈念します。

茨城県石岡市の建物被害状況の写真

 息子に近くの状況の写真を撮らせたので、掲載しておく。

東北・茨城沖大地震・東日本大地震における茨城県石岡市の建物被害状況の写真1

東北・茨城沖大地震・東日本大地震における茨城県石岡市の建物被害状況の写真2

One Response to “大地震後の茨城県石岡市の状況(平成23年東北地方太平洋沖大地震)”

  1. 野口 明徳 より:

    北陸の出先から拝見しました。自宅付近の状況が把握でき、有りがたく思っております。また、お人柄を推量させるアドバイス、ありがたく読ませて頂きました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ