元プロ野球・松井達徳さんとの懇談会

 昨日、元プロ野球選手の松井達徳さんと食事をした。

 メンバーは自分と松井さんの他、石塚さん・木村・池田君・羽成さんという野球好きが集まった。

 20時から始まった会は、なんといつのまにか翌日の2時半になってしまった。とても時間経過が早かった。

 松井達徳さんは、自分が高校1年時の3年生で、学法石川高校の3年生だった方だ。当時3打席連続ホームランで世間を驚かせたことを良く覚えている。

 その2年後に自分たちは甲子園に出場したが、その2年前に甲子園の土を踏んでベスト16になったときの4番打者だ。

 松井さんは、その後法政大学、日産自動車、中日と渡り、全日本の選手として活躍するなど野球の王道を歩んでこられた方だ。まさに自分にとっては憧れの人とだった。

 その松井さんは酒が強くパワフルで、その野球セオリーも卓越しており、やはり一流の人が踏んできた理論を垣間見ることが出来た。

 入団時は星野さんが監督で、落合選手の話やその他プロ野球の生の話をうかがうことが出来て、本当に楽しいひと時だった。

 松井さんは、青少年を始めとする野球小僧たちを指導し、有能な野球選手を育てたい願望があるようだった。はやり選手も最後は指導者に歩みたいのだろうなと感じた。

 そんな話を伺いながら、今度は松井さんの野球教室実現に向けて動いてみたいと思ったのだった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ